山形のスーツ屋ニシムラのブログ
メールマガジン
ホーム > スーツ辞典 > 体形別着こなし

スーツ辞典

体形別着こなし

小柄

背の低い人は寸詰まりに見えがち。タテのラインを強調してバランスよくしましょう!

POINT 1:ネクタイの結び目は小さめに
トップに重さを感じさせないためにはネクタイの結び方も大切。おすすめは結び目の小さいプレーンノットかダブルノット。ウインザーノットは避けて正解。

POINT 2:衿丈はやや長めがグッド
衿丈が短いと小柄な体がさらに小さく見えてしまうので手首よりやや長めに位置させたい。
また、手の大きさに比べて袖幅が広いデザインはパス。

POINT 3:ダブル幅は4cmくらい
裾をダブルにするなら、折り返し幅は若干狭めにし、縦長の視覚効果を邪魔しないようにしよう。パンツ丈はワンクッションが入る程度のゆとりある長さに。

POINT 4:肩幅はジャストよりやや広め
背の低い人や小柄な人がジャストに着ると、こぢんまり見えてしまう恐れがある。特に肩幅は「やや広いかも」と感じるぐらいのサイズを選ぶとちょうどいい。

POINT 5:大きな衿幅は×
ジャケットの衿幅が広いと顔周辺が重く見え、寸詰まりに見えてしまうので損だ。細めの衿でVゾーンの面積が小さいデザインなら全体が細く見えて○。

POINT 6:おすすめは3つボタン
大人気の3つボタンスーツは、細身のシルエットに加えてボタン位置が高いため、背を高く見せる効果がある。背の低い人や小柄な人には絶対おすすめ。

POINT 7:長すぎるジャケット丈は×
ジャケットの丈が長いとそのぶん、脚が短く見えてしまうので気をつけたい。購入するときは、鏡に全身を映して判断しよう。どうしても長すぎるときは丈詰めを。

肥満型

太めの人はだらしなく見えがち。スッキリしたシルエットで清潔感を出す!

POINT 1:肩幅、衿幅は広めを
狭い肩、小さいジャケット衿は顔が詰まって見えて暑苦しい印象になるのでどちらも広めのデザインを選びたい。顔の回りはゆとりを感じさせることが大事。

POINT 2:Vゾーンはメリハリのある配色で
清潔感をもたらすにはピシッとした色使いをしたい。たとえば、紺のジャケットに淡色のシャツ、ブルー系か茶系のネクタイでまとめるとスッキリVに。

POINT 3:2プリーツパンツは腰回りにゆとりを
太めの腰には余裕のある2プリーツ入りパンツがおすすめ。タイトなパンツでヒップ回りがピチピチしていると、太さを余計に強調してしまうから注意。

POINT 4:シャツの衿は大きめがいい
シャツの衿も、ジャケットの衿と同じ理由で小さな衿は避けたいもの。大きめのワイドスプレッドタイプなら、太めの首でも暑苦しく見えない。

POINT 5:ジャケットサイズは胸回りで合わせる
太ったいると、つい大きめのサイズを選びがちだが、ダブついているとだらしなく見えるし、だいいち、動きにくい。胸回りに合ったジャストサイズを選ぶべし。

POINT 6:長すぎる袖丈は×
袖丈が長いと、これもだらしなく見える結果に。かといって短めだと、「幅に取られてしまったか」と思われるので、手首がきちんと隠れる長さに調整。

POINT 7:パンツはテーパードが○
裾幅が広くてバフバフしていると清潔感が感じられない。ベストなシルエットは、裾に向かってやや細くなるテーパードタイプ。これなら印象かなりアップ。

POINT 8:ダブル幅は4.5cmぐらい
身長にもよるが、ダブル幅は4.5cmぐらい。丈はワンクッションのゆとりをもたそう。また、座ったときに裾からスネが見えないよう、ソックスは長めを。

痩せ型

ひょうろひょろ型の人は貧弱に見えがち。素材感を感じさせてリッチに見せる!


POINT 1:シャツは高めの衿が◎

痩せている人は首が長く見えるので、ハイカラーや衿にボリュームがあるボタンダウンタイプがおすすめ。首をひょろひょろ見せないことがポイントだ。


POINT 2:ネクタイにはボリューム感を

ネクタイにボリューム感を出すのもリッチに見せるコツ。ジャカード織りなど素材感のあるものや、光の陰影が立体感を出す光沢のあるシルクタイなどが○。


POINT 3:素材は表情のあるもの

生地はベッタリしたものより"織り"を感じさせる表情のあるものを選びたい。これからの季節ならクールウール、サマーツイードなどがリッチ感を演出。


POINT 4:パンツは細身のシルエット

バギータイプなど太めのシルエットの場合は足の細さが強調されてしまい、貧弱に見えてしまうので×。細身のパンツで痩せの利点を生かすことだ。


POINT 5:肩幅はジャストに

実際の肩幅より大きめにすると、肩の貧弱さが強調されてしまうのでマイナス。むしろ、ジャスト・サイズでかちっと着たほうがおしゃれに見える。


POINT 6:裾は多少短めでもOK

ボディでサイズを選ぶとどうしても袖丈は短くなる。お直しで少しは出すこともできるが、袖幅が短いデザインなら多少短めでもおかしくないので安心を。


POINT 7:ダブル幅は4.5cmぐらい

折り返しをつけるならこれくらいの幅がベスト。パンツ丈は、細身のシルエットにするなら、ワンクッションできるかどうかくらいの長さがちょうどいい。